fv

日々のお手入れ

2020.03.06

目の筋トレ!

  1. 目の筋トレ!

【頭痛】や【肩こり】が気になりはじめた…という方。
こんな症状に心当たりはありませんか?

・近くのものはハッキリ見えるけど、遠くのものが見えづらい
・文字を読む時に行を間違える
・すぐに眼が疲れる
・左右の眼に視力の差が出てきた


思い当たる方、いませんか??
それは、
「眼の機能をうまく使えなくなっていること」が、
頭痛や肩こりの原因となっている可能性があります。



眼の機能とは?




本来、人はモノを見る時に、
「上下」「左右」「遠近」の3つを捉えていて、
そのための筋肉が発達しています。

しかし、現代人の生活を考えると、
とても限定的なモノの見方をしているんです。

まず、PC、テレビ、本などを見ている時は、
「上下」「左右」の動かし方しかしていません。
「遠近」の調整をするための筋肉が使われないのです。

また、そうしてPCや本を見る時には、「上から下」あるいは
「左から右」に 眼を動かすことが多いはずです。

身体の筋肉と同じで、ずっと同じ運動ばかりしていると、
眼の筋肉もバランスが悪くなってきます。
そうなると、モノの「上下」「左右」「遠近」を
正確に捉えられなくなります。

それは眼だけではなく、頭痛や肩こりをはじめとする
身体の不調につながるのです。


眼の筋トレをしましょう!




バランスが崩れてしまった眼の筋肉を鍛えるために、
以下のようなトレーニングをしてみましょう(´▽`*)/

◆本をひっくり返して読む


普段とは逆向きに眼を動かすことで、筋肉のバランスを整えます。
そのためには、【本をひっくり返して読む】 というトレーニングが
お勧めです(*´▽`*)

本を上下逆さまにした状態で、 文章の頭から終わりへ読んでいくのです。
(タテ書きの本の場合、左ページの下から読み始めることになります)

そうすると、 タテ書きの本であれば、「下から上」の動きが、
ヨコ書きの本であれば、「右から左」の動きが、 鍛えられます。
読みづらいとは思いますが、 眼の動きのトレーニングなので、
内容が頭に入らなくても気にしないで 読み進めてください♪


◆眼の腕立て伏せをする



「眼の腕立て伏せって!?」 と、驚かれたかもしれませんが、
簡単に言ってしまうと、「遠くを見たり近くを見たりする」
という運動のことです。

やり方は自由ですが、 例えば家やオフィスでやるとすれば、

・眼の前にペンを立てて、ペンにピントを合わせる。
・3メートル以上離れたところにあるカレンダーにピントを合わせる。
というのを10回ほど繰り返します。

なんだか、眼が腕立て伏せをしているような
感覚になってきませんか(*´▽`*)??

ただし、無理は禁物です。
眼が疲れたり、急な視線の動きで気持ち悪くなったりする前に
やめてくださいね。

ご自身のペースでかまわないので、
日に数回、やってみてください(´▽`*)/


このようにして、普段使わない眼の筋肉を意識的に鍛えることで、
眼の筋肉全体のバランスが整ってきます。

そうすると、眼が正常に働くだけではなく、
頭痛や肩こりといった身体の不調もやわらいでくるのです!

現代社会の生活に適応するために、人間は本来のバランスを崩しています。
それは眼にも言えることなのです。

眼の不調が頭痛や肩こりにつながるように、
人間の身体は、どこか一部のバランスが崩れると、
他の箇所にも影響が出てしまいます。



「たかが眼の筋肉」と言わず、
しっかり鍛えて毎日を快適に過ごしましょう(´▽`*)/

記事一覧に戻る

夏のキャンペーン

時田祐介の紹介

point8_pic_01 point8_pic_01_sp

TOKIDA YUSUKE時田 祐介

鍼道即人道

何か一つのものを極めることと同時に人の道をも学んでいくこと。日々皆様への感謝を忘れることなく、何事にも精進して参ります。1988年名古屋市熱田区に生まれ、幼い頃からプロ野球選手を夢見る。

中学から某有名クラブチームに所属し、高校まで野球一筋だったが最後まで怪我に泣き、少しでも自分のような怪我に苦しむ人が少なくなればという思いから第二の人生をスタートさせ、鈴鹿医療大学鍼灸学部鍼灸学科に入学する。在学中に美容鍼という分野に出会い、4年後に鍼灸師の国家資格を取得。

卒業後は美容鍼の第一人者の下で学ぶべく横浜の鍼灸院へ就職。2年後、当院で売り上げ1位を継続的に獲得する目標を果たし退社。名古屋に戻り、その後は鍼灸の発祥の地である中国の医師の下で技術を磨く。常に最高峰の環境で学びながらも現状の美容鍼に疑問を抱き、更なる美容鍼の追求を続けてきた結果、時田式美容鍼灸を確立し2015年4月に金山にてウーシア鍼灸院を開業する。施術実績は40,000人以上と豊富な経験をもつ。

CONTACTお問い合わせ

はじめての方からお悩みの多い方まで、
どなたでもまずはお気軽にご相談くださいませ。

052-684-8623052-684-8623営業時間 9:00~24:00
(最終受付20:00)

phoneネットで予約する

lineLINEで予約する