fv

ウーシア鍼灸院

2018.07.17

夏でもキレイ!紫外線ダメージに負けないヘアケア

  1. 夏でもキレイ!紫外線ダメージに負けないヘ...

今年!ナゴヤの夏は、暑さがキケンなレベル。


異様な湿度と熱に負けないため、日やけ止めを塗っていると思います。
でも、ヘアケアは忘れがちですよね。
夏の紫外線によるヘアダメージは、冬の3倍。
今回は猛暑必須のこのシーズン、夏でもキレイ!紫外線ダメージに負けないヘアケア特集です。


髪がパサパサ!これどうする?



海に行ったわけでもないのに、髪がパサパサ。
これだけ暑い日がつづくと、生活しているだけでも、紫外線ダメージを受けてしまいますよね。

・朝から帽子をかぶる
・洗い流さないトリートメントを寝る前に使う

などして、毎日のヘアケアで髪を守りましょう。


ドライヤーは温風、冷風どちらも使う



夏だからといって、シャンプーしたあとドライヤーをかけないと、頭皮に雑菌が繁殖してしまいます。
湿度でムワ〜っとする、ナゴヤの異様な暑さだからこそ、シャンプー後もしっかりドライヤーをかけて、頭皮をスッキリ清潔に維持してください。
汗でムレないように、温風・冷風を使いわけて、ドライヤーしてくださいね。


髪色をワントーン暗くする



夏は気分的に、明るいトーンのヘアカラーにしたくなりますよね。ところが明るめのカラーにチェンジすると、傷んだ色にみえがちなのです。これは夏のイメージからくる、魔法でした。

「傷んでるから、髪色が抜けて明るくなってしまった」
ように見えるんですよね。
ツヤサラの髪に見せたいのであれば、いつもよりワントーン暗い髪色に変えるのが、オススメです!


ヘアカラーをダークに。しっとりした印象を髪色で



この季節にカラーを変えるなら
ナチュラルブラウン→ダークブラウン

が、いいですよ。
しっとり感をだしたいなら、アッシュ系のカラーを足すのも素敵。カラーを深い色にすることで、しっとりした印象を与えてくれます。


髪にも使える紫外線防止アイテムは?



髪にも紫外線ケア、したいですよね!
市販の紫外線防止アイテムを使うのも、いいと思いますよ!
スプレータイプの日焼け止めであれば、髪にも肌にも使えます。

また、日中どうしても外に行かなければならない用事の時は、対策として
・日傘
・帽子


を上手に使いこなしましょう。
汗をかきすぎて、帽子の中がムレないように気をつけて下さいね。


シャンプーは低刺激のものがオススメ!



カンカン照りの太陽の下、会社から帰宅する毎日。
気をつけていても、紫外線を浴びてしまいますよね。
灼熱のこのシーズン、知らないうちにダメージを受けている頭皮を、いたわってあげましょう。
シャンプーはなるべく、刺激の少ないものがオススメです。

【洗い方】
1.ボトルからシャンプーをだす

2.一度手の平で、泡をふんわり泡だててから洗髪する

この洗い方ですと、髪への負担が少なくなりますよ。夏の強烈な日差しで傷ついた頭皮、やさしくケアしてあげましょう。


いかがでしたでしょうか?
まだまだ熱波がつづくシーズン、健康な髪を保つのはけっこう大変なことですよね。日常生活にムリのない範囲で、できるヘアケアを、少しでも実践してみましょう。
夏でもサラ艶キレイな髪、大切にしてくださいね!

記事一覧に戻る

秋のキャンペーン

CONTACTお問い合わせ

はじめての方からお悩みの多い方まで、
どなたでもまずはお気軽にご相談くださいませ。

052-684-8623052-684-8623営業時間 9:00~24:00
(最終受付20:00)

phoneネットで予約する

lineLINEで予約する