fv

ウーシア鍼灸院

2020.11.02

肌活のための、カフェインレス生活

  1. 肌活のための、カフェインレス生活

寒さも深まってきた、秋の頃
あたたかいコーヒーを飲むと、ホッとしますよね。

けれど、カフェインは飲んでから8時間、体に残るのです。
『なんだか寝つきが悪いなあ』と思ったら、寝る数時間まえについつい飲んでしまった、カフェインのせいかもしれませんよ。

睡眠って、ものすごく美肌にいいんですよね。
意識して質のよい睡眠をとるために。『肌活のためのカフェインレス生活』の特集です。


カフェインの長所と短所



お肌のトラブルにも、睡眠がいちばんの美容法といわれています
カフェインには、睡眠をさまたげる『覚醒作用』がありました。

上手に使えば、『仕事中に眠くならない』などの効果がありました。しかし寝る前に飲んでしまうと、『睡眠の質を下げてしまう』という困った効果もあったのです。しかも、その効力は絶大。バッチバチに目が覚める時もあるので、体にしっかり影響のあるものなのでしょう。

とにかく、あらゆる飲み物にカフェインが入っていますから、睡眠のためにセーブするには、考えて生活していかないと、いけないかもしれませんね。まずカフェに行って『何か飲もうかな〜』と思ってメニューをみれば

コーヒー→カフェイン
紅茶→カフェイン
緑茶→カフェイン


ドリンクの9割に、カフェインが入っていますから。
これは、地味に困りますね。コーヒー、紅茶はほっこりするので大好きなのですが、飲む時間帯や飲む量は、考えて摂取しないといけないかもですね。

カフェインを多く摂取すると、下記のような、質の悪い睡眠になってしまう悪影響がでることが、わかりました。


睡眠とカフェインの関係



睡眠の質を高めて美肌へと導くには、カフェインのこと、もっと知ってほしいと考えています。『カフェインが悪』という事ではなくて、よりカフェインを知って、寝る前には飲まないとか、飲むタイミングや飲み方を知っていただきたいのです。


【カフェインによる、睡眠への影響】


・入眠までの時間が長くなる
・眠りが浅くなる
・寝つきが悪くなる


こういった影響がありました。上の打開策がこちらです↓

【寝る前の肌活】



・コーヒーを飲むなら午後3時まで
・寝る前は、カフェインレスのドリンクを飲みましょう。


また、カフェインは体内に8時間残るので、『寝る8時間前からカフェインをとらない』といった、カフェインの制限時間を考えると、いいかもしれませんね。ぐっすりと質のよい睡眠で、睡眠美容をはじめてみませんか?



美は良質な睡眠から、はじまる



質のよい睡眠は、 質のよい美肌を生成します。

「美肌は夜につくられる」という言葉があるほどに、いつまでも瑞々しい肌でいるためには、良質な睡眠が必要となってくるのです。なぜならば、人は眠っている間に脳のメンテナンスを行なっているから。

睡眠をとらないと脳が休息できなくて、体にも疲労がたまり、脳はバグがおこり正常に機能できなくなります。ストレスがたまり、イライラが多くなってしまったり、お肌がガサつき、体重も増加しやすくなるでしょう。また新陳代謝も低下し、美肌とはほど遠いカサカサ肌になってしまいそうです。

反対に、キチンと睡眠をとっていれば、こういったよい効果もあるのです。

【睡眠による美肌効果】



・抗利尿作用で体内の水分蒸散を防ぎ、肌ツヤを改善する。
・肌の水分保持量を増える
・皮膚のターンオーバーを促進
・質の良い睡眠をもたらし、成長ホルモンがの分泌される。
・活性酸素を除去する。
・肌の老化を遅らせる。


なにより、質のよい睡眠は

深い睡眠は、肌荒れの改善、シワやシミの予防、肌のキメを整え美白へと導く効果が、期待できますよ。たっぷり、質のいい睡眠をとって、艶めく美肌へと導いいてくださいね。

記事一覧に戻る

秋のキャンペーン

CONTACTお問い合わせ

はじめての方からお悩みの多い方まで、
どなたでもまずはお気軽にご相談くださいませ。

052-684-8623052-684-8623営業時間 9:00~24:00
(最終受付20:00)

phoneネットで予約する

lineLINEで予約する